HOMEnon-clasp

ノンクラスプデンチャー

サンプル画像

ノンクラスプデンチャー

保険の部分義歯と違うのは歯にかける金属がないことです。
笑った時に、どうしても気になるのが口の中から「キラリ」と光り見える金属。しかし、金属が見えないため患者様に喜ばれています。また設計の幅も広がり保険義歯に比べると、とにかく薄くて軽く割れにくいのが 患者様が選択する理由です。

サンプル画像

ノンクラスプデンチャー+メタルプレートのコラボ

咬合圧の強い患者様にはメタルプレートで咬合圧対策。
保険の義歯では厚くてろれつが回らない患者様もメタルプレートでより薄くしてあげることで回避できます。材質の特性を生かし 義歯を薄くしてあげることで患者さまが「これいいね!」と喜ばれるのも事実です。

ノンクラスプデンチャー メリット・デメリット

メリット

・ 最大のメリットは保険の義歯にありがちな前歯部に見えていた金属(クラスプ)がなくなり審美性が良い。

・保険義歯に比べ軽く割れにくい

・保険義歯に比べ設計の自由度が広がる

デメリット

・スーパーポリアミドの義歯は汚れが付きやすいためコマ目に洗浄が必要です。

・エステショットと違い増歯、修理等が困難です。

・保険に比べて高価である。

スーパーポリアミドでも増歯可能に!!

  • サンプル画像
  • サンプル画像
  • サンプル画像
  • サンプル画像
  • サンプル画像

ノンクラスプデンチャー(ナイロン系)の一番の難点はチェアサイドで簡単に増歯、リベース等の修理ができません。
一度、お預かりさせて頂くことで困難といわれていた増歯が可能で再度、新しい義歯に作り治しをすることなく患者様の負担を軽減できます 。

4種類のノンクラスプデンチャーで対応

サンプル画像

患者様の症例に合わせ4種類のノンクラスプデンチャー

バルプラスト、フレックススター、ルシトーンFRS、エステショットのノンクラスプデンチャーを患者様の症例に合わせ使い分けることが大切です。
ノンクラスプデンチャーは1種類ではありません。咬合高径、アンダーカット、咬合圧、床やアーム位置・・・これらを配慮し選択をすることで患者様にベストな ノンクラスプデンチャーを装着できます。


入れ歯なのに金属が見えないノンクラスプデンチャー

サンプル画像

気になる金属がなく患者さまが大喜び

・メタルクラスプがない
歯牙のアンダーカットに樹脂で維持を求めるためメタルクラスプは必要ありません。
金属アレルギーの患者さんに最適な欠損補綴です。
金属クラスプがないため見た目に自然でキレイです。
・保険義歯と比較して義歯を薄く設計でき、レジン義歯と比べ軽く弾性があり割れにくい。

金属が無いから患者さまも大満足!!

  • サンプル画像
  • サンプル画像
  • サンプル画像
  • サンプル画像
  • サンプル画像

患者さまが一番気にするのが笑った時、話をする時に見えてしまう歯にかかっている金属。
保険の義歯とは違いノンクラスプデンチャーは金属が一切ないから、笑った時でも話をしている時でも口元を気にせず「笑顔」 。
軽くて割れず、さらに保険の義歯と比べ患者さまが一番喜ぶのは「薄い」でした 。口の中に髪の毛1本が入っただけでも気になります。

これらの理由でノンクラスプデンチャーを選択された患者さまは「笑顔」で喜ばれています。

ノンクラスプデンチャーで自費率UP

まだまだ低いノンクラスプデンチャーの知名度

患者さんはノンクラスプデンチャーを知りません?

先月のインターネット検索でインプラントで検索をかけているかたは823,000件に対しノンクラスプデンチャーで検索をしているかたは、たったの480件です。この結果から歯科関係者からの検索がほとんどだと思われます。知人23人に「ノンクラスプデンチャー」を知っているのか尋ねたところ知っている人は0人でした。

ノンクラスプデンチャー(金属クラスプがない入れ歯)は営業職や55歳以上の高齢のかたが良く選択されています。金属クラスプ無しの入れ歯は笑顔が素敵になり、口元を手で隠したりして話す必要もありません。患者さまからは人と話すのが好きになり、今まで以上に「笑える」と言われています。まだまだ、知名度の低いノンクラスプデンチャーを患者さまにお伝えすることで売上は伸びていきます。

また、食事をする時に口に入れている入れ歯が痛くてたまらない、と言われる患者さまも多々あります。TVCMで流れている裏装材も飛ぶように売れているのも事実です。そのような悩みを抱えている患者さまには軟性裏装材、生体シリコンを利用したコンフォートやベルテックスで対処してあげることで悩みは解決されます。

ご質問がありましたら、お気軽にお問合せください

このページのトップへ