HOMEe.max

e.max オールセラミック

e.max-1.jpg

e.max

IPS e.max オールセラミックス システムはプレス技法、CAD/CAM技法のどちらにも抜群の審美性と優れた耐久力を誇っています。
さらには様々な症例に適応し、経済的でもあります。

サンプル画像

e.max ジルプレス

e.max ジルプレスはジルコニアフレームにプレスするためのガラスセラミックスです。
これのインゴットを使えばインレーブリッジ、単冠の修復物、前歯と小臼歯に及ぶブリッジ、インプラント上部構造に強度を増し修復できます。

e.max  メリット・デメリット

メリット

・e.max プレスは高い強度と均一性を持った審美性の高い二ケイ酸リチウムのガラスセラミックス製インゴットで正確にフィットする修復物を作成することができます。

・プレス インゴットの高い透過度のため失活歯を持つ患者さんに対し オールセラミックスの修復物をプレス作製することができます。

デメリット

・適応症が前歯と小臼歯の一歯欠損ブリッジと限られてしまうことが残念です。

・プレパレーションガイドラインにある形成量を確保しないと破折の原因にもなります。そのため形成量が多く必要です。

e.maxプレスの豊富なインゴット

サンプル画像

e.maxインゴット(インパルス登場)

e.maxプレスは、400MPaの強度。さらに適合の正確性、審美性を兼ね備えています。次々に発売されるインゴットは5種類の透明度があり隣接歯の色調に合わせて天然歯のように審美的な表現が可能です。
・HT インゴット (高透明度) 高い透明度があるので、特に小さな修復物(インレー、アンレー)の製作に適しています。
・LT インゴット (低透明度) 透明度がHTより低く、ステイニングやカットバックテクニックにおける修復物の製作に適しています。
・MOインゴット(中不透明度) シェードも4種類あり、生活歯または若干変色した支台歯上のフレーム製作や天然歯に類似した修復物を製作するためのベースとしても適しています。
・HOインゴット (高不透明度) 高度な不透明性があるため失活歯または重度に変色した支台歯のフレーム製作に適しており、メタルコアを部分的に覆う場合にも役立ちます。高い不透明性で下部構造をマスキングし、非常に色の濃い支台歯などで天然歯の色調再現が困難なケースでも、生活歯のような修復物製作を可能にします。
・インパルス インゴット (明度、オパール) インパルス インゴットは、3つの明度と2つのオパール色があります。

※症例に合わせインゴットを選ぶことで、隣接歯の色調に合わせて天然歯のように審美的な表現が可能です。

e.max プレス は支台歯が違っても修復可能

サンプル画像

異なった支台歯でも色調を変えることなく審美的に修復できるのがe.maxの最大の特徴です。

レアリング法で修復

前歯の審美性を求められるケースではステイン法は不向きです。

e.maxは従来のオールセラミックとは違う

破折の不安を解消

従来のオールセラミックには無かった強度がe.maxには備わっています。

以前のオールセラミックの一番の心配は破折でした。e.maxの強度は400 MPaで、従来のオールセラミックスにはありえませんでした。そして、ジルコニアにも匹敵する強度があります。単純なインレーからベニア、アンレー、単冠、ブリッジ等に幅広く修復できることで患者さまの要望にも応えてくれる製品です。症例に合わせインゴットを使い分けることで患者さまの悩みを改善してくれます。

ご質問がありましたら、お気軽にお問合せください

製品詳細

  • サンプル画像
  • サンプル画像
  • サンプル画像
  • サンプル画像
  • サンプル画像

画像をクリックすることで詳細があります。

このページのトップへ