HOMEimplant

インプラント

サンプル画像

インプラント

インプラント(人工歯根)は人工材料で作ったものを歯の欠損部である顎の骨の中に直接埋め込み、その上に歯冠修復をします。
義歯との違いは、インプラント治療は噛む力や耐久性が向上し天然歯に近くとても天然歯に近い審美性を有しており見た目も非常にキレイです。

サンプル画像

インプラント・オールオン4

オールオン4とは、その名前の通り4本のインプラントで全ての失った歯を作ってしまうという治療法です。
最新の研究で人工の歯を支えるために必要なインプラントは、4〜6本にできることがわかったのです。 必要最少本数(4本)で、上顎または下顎の歯をすべて支えることができます。 これが ALL ON 4 (オールオンフォー)の考え方です 。

インプラント メリット・デメリット

インプラントのメリット

・歯を失ってしまった場合、人工歯根で回復できます。

・噛む力が天然歯と同程度くらいに回復できます。

・義歯と違い味覚障害や発音障害が改善できます。

インプラントのデメリット

・外科手術が必要になります。

・術後は定期的な検診が必要です。

・自費治療のため費用がかかります。

インプラント上部構造 CAD/CAM革命

サンプル画像

インプラント上部構造 (ショートスパン)

歯冠長が長いケースでも、インプラントでは移行的にマージンラインを設定できガムを付けることで残存歯と違和感なく装着が可能です。自然な形に仕上がるのがインプラントの特徴です。

サンプル画像

インプラント上部構造(ロングスパン)

CAD/CAMの技術はここまで進化をしています。ロングスパンからショートスパンまで、すべて削りだしで行ってくれます。キャストとは違い精度の良さには驚かされます。義歯からインプラントにされた患者さまは、食事が楽しくおいしいなど言われています。そして味がわかるようになったことが一番うれしかったそうです。

サンプル画像

カスタムアバットメント

カスタムイアバットメントは平衡性を与えるときに使います。 ここ数年でCADデザインソフトも見ちがえるように進化し、形態が容易に製作出来るようになり精度も向上しました。

入れ歯からインプラント

サンプル画像

入れ歯からインプラントへ

インプラントは、歯を失った部分のみを治療する方法で、骨にしっかりと固定されていますので、食事時に硬い食べ物もしっかりと咬むことができます。他の歯を削ったり、入れ歯のように、歯にかけた金属等が見えることもありませんし、取り外して清掃する必要もありません。また、入れ歯のように骨が痩せて吸収されていくこともありません。

インプラント治療

インプラントは患者さまの認知度が高い

最近では、歯を失ってしまった患者様のうちインプラント治療を希望する方が増えてきています。欠損部に入れる義歯やブリッジなどと比較し 機能性はもちろんのこと審美性においても優れていることが人気の要因です。さらに患者さまは「インプラント」とという言葉を知っています。

今までは歯を失ってしまった場合、たとえば1歯欠損で両隣の歯を削りブリッジを入れたり、 取り外しの義歯を装着するのが主流でしたが、1歯欠損でも両隣の歯を削ることなく治療ができ機能回復できます。

 

ご質問がありましたら、お気軽にお問合せください

このページのトップへ